情報収集にはツイッター

みなさんは情報収集手段として何を利用していますか?

テレビという方もいらっしゃると思います。
ヤフーニュースや新聞という方もいると思います。

でも私は違います。

やはり情報収集には「ツイッター」が一番です。
ツイッターの素晴らしいところは知りたいジャンルの最新情報を誰よりも早くキャッチできるところです。

情報というものは鮮度が重要です。
一時間、二時間、いや10分立つだけで情報の鮮度は一気に落ちてしまいます。

知りたい情報を誰よりも知りたいのならツイッターを利用すべきです。
ただツイッターが良いと言ってもツイッターが万能な訳ではありません。

流れてくる情報が真実なのかはしっかりと自分で判断しないといけません。
ニュースやテレビも信じることが出来るかと言ったら疑問も残りますがツイッターよりは正確な情報が流れています。

なのでしっかりと何が正しくて何が正しくないのかをしっかりと取捨選択できる人でないとツイッターは有害なツールになるかもしれません。
とはいえやはり鮮度の高い情報をスマートフォンやPCをひらけばすぐに取得できるのは大きな魅力です。

今後もツイッターを駆使して情報収集して、更にはツイッターを駆使してビジネスを拡大していきたいですね。
ビジネスに関してはフェイスブックも有効ですが私はツイッターの方がビジネスにも向いていると思います。

フェイスブックはどうしても性質上色々と制約されることが多いので、ビジネスツールとしてはツイッターに及ばないと思います。
もちろん会社の規模間、業種によっては違ってくるでしょうが、私が手掛けているビジネスではツイッターを駆使したほうが格段に成果を上げることができますね。

ツイッターの登場は本当に私の中で革命でした。
今後もツイッターを駆使して情報収集をしていきたいと思います。

それと同時にツイッターで有益な情報を発信していきたいと思います。
結局有益な情報を発信することがツイッターをビジネスで利用するうえで必要不可欠な事なので。

よか石けんを使って洗顔の重要性がわかりました

今まで洗顔なんて所詮、顔の汚れを取るものに過ぎないと思っていました。

だから洗顔料は洗浄力だけが強ければ優れた洗顔剤だと思い込んでいたんです。

でもその考えが違うことをよか石けんを使用することにより思い知らされました。

これまではスクラブなどで強い洗浄力がある洗顔料を使っていたのですが使用後に肌がつっぱるんですよね。

もちろん洗顔後に化粧水などを使用してケアしているのですが、なんか肌の調子が悪いな~と思い、洗顔料にも関わらず美容成分が配合されているよか石けんを購入することに決めたんです。

そうしたらどうでしょう。

洗顔後の肌のもちもち感が何ともいえずに素晴らしいではありませんか。
友人に勧められるがまま買ったので当初はよか石けんについて全く知らなかったのですが、かなり有名な洗顔料らしいですね。

なんとも洗浄成分が40パーセントで美肌成分が60パーセントもはいっているのだとか。

だから洗浄後のもちもち感を楽しむことが出来たんですね。

今まではニキビなどもたまにできていたのですが、よか石けんを使うことでニキビまで克服できたので嬉しい限りです。

肌のトラブルで悩んでいる方って世の中にめちゃくちゃいると思うのですが、まずは洗顔料を変えてみてはいかがでしょうか。

私が洗顔料を変えることで肌の調子が一気によくなったのでおそらく多くの方が洗顔料を変えることにより肌の調子が良くなると思います。

もちろん全ての方が良くなる訳ではないと思うのですが。

とにかくよか石けんは洗顔料として私の中で革命的な存在です。是非とも皆さんにも試してもらいたいものです。

 

中日ドラゴンズ落合GMの6億カットについて

元中日ドラゴンズの監督で現中日ドラゴンズGMの落合博満氏の剛腕が早くも話題になっています。
普通であればこんなコストカットは絶対に出来ないところをしてしまうのが落合氏の凄いところだと思います。

6億以上も年棒をカットしているんですからね。

中日の選手でも一部の選手を除いては大体一発で契約を更改しているところがまた凄いですね。
おそらく今までのプロ野球界みたいにざる勘定ではなく論理的に年棒を提示して、今後の成果次第では大幅アップも当然のことながら期待できることをしっかりと説明しているんでしょうね。

元監督だからこそ出来るという意見もあると思いますが、私は落合氏だからできる荒業だと思います。
コストカットすることが必ずしも良い訳ではないことはわかっていますが、球団の成績が悪くて選手の成績も悪いのに年棒が据え置かれたりする日本のプロ野球界には疑問を持っていたので、落合氏による改革が今後他球団にも広がり、より選手の意識も高くなるのではと違った意味でも期待しています。

日本のプロ野球も落合GMの登場によってメジャーのようになっていくんでしょうね。
結果を出せば物凄い年棒を。結果を出さないとすぐに戦力外に・・・・

年棒が高い分ハイリスクを取らざるを得ない。
そんな時代が日本で来る日も遠くはないのかもしれません。

面白いのは経済の感覚が見事にプロ野球に浸透していることですよね。
ちょっと分かりにくい説明で申し訳ございません。

日本って資本主義ですが、かなり平等な資本主義だと思うのです。
結果が出なくてもそこそこは守ってもらえる。ただいくら突き抜けた数字を出そうともそれに見合った報酬をもらえない。

これが日本だと思います。

これに対してアメリカは完全競争主義で成果を出した人はその成果に対して正当な評価をもらい、
成果を出さなかった人は容赦なく切り落とされます。

日本とアメリカのどちらが良いのかという事は色々な問題をはらんでいるので一概には断定できないのですが、
プロ野球という分野に限定して言えばアメリカ流でやるのが逆に平等だと思うのです。

比較的平等な感じに年棒が落ち着く日本球界もアメリカ流に変わればもっともっと魅力的になると思います。
やはりスポーツの世界はとびぬけた選手がとびぬけた年棒になることがファンにとっても魅力的になりますから。

そういったことを考えると落合GMの存在というのは今後の日本プロ野球界の発展に大きく寄与することになると今から期待するわけです。

消費者保護がヤミ金の暗躍を招いた

最近は昔と比べて本当にお金を借りることが難しくなりました。
昔は金利が高い分、貸し倒れが生じたとしても十分にそれをカバー出来る体力を消費者金融が持っていました。

しかし利息制限法のグレーゾーン金利が最高裁判所の判決により違法性を帯びることにより
一気に過払い分の支払などで金融業者は追い込まれるようになります。

安い金利でしかお金を貸せないのなら審査を厳しくするしかないという事になったんです。

至極当然の事ですがお金を借りたい人にとっては大きな打撃ですよね。

また総量規制という法律が制定されます。
これは年収の3分の1以上のお金を貸すことを金融業者に禁止する法律ですが、
この法律により消費者はますますお金を借りにくくなったことは間違いのない事実です。

金融業者の貸し渋りと法律による貸し出しの制限によりお金を借りたいと思っている人がヤミ金に流れたという実態があります。

いくら法律で消費者を保護しようとしても結局お金が必要だという需要は
決してなくなることはないのでそうするとアウトローである闇金業者が猛威を振るうようになるわけですね。

今までなら消費者金融でもお金を借りれた人は闇金業者にとっては上客です。

闇金業者はそれまでどこからもお金を借りることが出来ない本当にぎりぎりの人達にばかりお金を貸していたのですが、利息制限法によるグレーゾーン金利の撤廃や総量規制により、棚からぼた餅で上客を手に入れる事に成功したんです。

でもヤミ金は違法です。違法な事を分かっていてもお金を借りてしまう人がいるのは残念ですが借りてしまったのを後で後悔しても意味がないので何とかしなければなりません。

なのでヤミ金の違法な取り立てや恫喝などで悩んでいる方は弁護士や司法書士などの法律の専門家にヤミ金相談をするようにしましょう。
一人であーだこーだ考えていてもはっきりいって時間の無駄ですし状況はどんどん悪くなるばかりです。

消費者を保護しようとして決められたグレーゾーン金利の撤廃や総量規制がヤミ金の暗躍を招くというのはなんとも皮肉な話ですが、本当に消費者を保護する気があるのら政府は今の法制度を今一度見直し消費者保護の制度を更に整備すると同時に何かトラブルがあった際には法律の専門家である弁護士などに相談するようにもっと国民に伝えるべきでしょう。

リーガルハイの堺雅人最高だな

半沢直樹でもはや人気ナンバーワン俳優としての地位を確立した堺雅人さんが主演のリーガルハイ。
半沢直樹とは全く違うキャラを演じている堺雅人さんですが、やはり演技最高ですね。

リーガルハイを観ていると半沢直樹の堺雅人のイメージが完全に吹き飛びます。
どうしても役者さんってドラマが変わっても、役を演じるキャラまではあまり変わらないのが一般的ですが、
堺雅人さんの演技って演じるキャラによってまったく別人格になるのが素敵なんですよね。

もちろんそれが当たり前なのかもしれませんが、ヒット作のイメージを払拭することってめちゃくちゃ難しいと思うのです。
でも堺雅人さんにとってはそんなことはとっても簡単なことだったようですね。

どんな役でもその役になりきり、異色なオーラを放つ演技力はもはや天才の域だと思います。
半沢直樹もめちゃくちゃ楽しかったですが、リーガルハイもめちゃくでゃ楽しいですね。

視聴率も一回目は半沢効果で高発進して、2回目にダウン。ここまではありきたりです。
重要なのは3回目です。3回目放送分でまた視聴率がアップしたんですね。

期待感が半端ない状態で始まったドラマの落ちた視聴率を復活させることがどれだけ難しい事かは容易に想像がつくでしょう。
リーガルハイはそれを簡単にやりとげてしまったんですね。

堺雅人さんの凄いところは番組が終了しても堺さんの演技が何度も頭の中に出てくることなんです。
要はそれだけインパクトのある演技をしていることですから、本当に凄いと思います。

リーガルハイって半沢直樹と全く違う系統のおちゃらけた番組なんでしょ。
なんて固定観念を抱いている方は是非とももう一度しっかりとリーガルハイを観てください。

堺雅人さん主演のリーガルハイが最高だということが分かるはずです。
今週も今から放送が楽しみでなりません。

仕事で忙しくてオンタイムで見れないのが残念ですが。

ユニクロが売り上げ一兆円を超えたらしいです

ユニクロを運営するファーストリテイリングが8月期の通期連結決算で
売り上げが1兆円突破したことがわかりました。

どうやら日本の衣料品業界では初の快挙らしいですね。

私も仕事柄、海外に行く機会が多いのですが世界中でユニクロ見ますからね。

海外での成功がユニクロの快進撃の大きな要因であることは間違いないでしょう。

でもユニクロはブラック企業とも巷では囁かれていますよね。
安く従業員を買い叩いてすぐに従業員を入れ替えるなどあまり良い評判は聞きません。

柳井氏の年収は100万で良いという発言も社員を軽視していると批判されていますね。
その方針が良いのか悪いのか論じるのは簡単ですが、これほどまでに結果を出しているのは凄いとしか言いようがないですね。

別に私はユニクロの経営方針は全然好きじゃありませんが、
やはりユニクロの商品を購入してしまいますからね。

安くて日常的に使える商品を常に考案するスタイルは素直に凄いと思います。
なのでユニクロがあーだこーだいうのなら、自分で事業を興せばよいのです。

ユニクロだろうが他の企業だろうが人の下についている以上、
結局は駒の一部でしかないのです。

もちろん福利厚生がしっかりとしていて社員を大切にしている会社もあります。
でもやはり一番のうまみは自分でやることです。

自分で行動し事業を興すことは非常にリスクも伴いますが自由になれます。
また100パーセント自分で事業の方向性を決めることが出来るのでやりがいもあります。

せっかく一度きりの人生なのだからあーだこーだ色々な会社の文句をいうより
自分で全て事業を立案し行動し自由にやるのが一番だと私は思います。

ブラック企業についてはどうかと思いますが、
それをくどくど否定して論評している人って自分が自由じゃない人が多い気がします。

悪いところを否定するのは簡単です。
でも成功者を観て、奮起して自分で道を切り拓いていく姿勢が
今の日本人にとってはとても重要なことだと感じています。

話しが大分脱線しましたが、やはりユニクロ凄いですね。
僕も負けないように夢を持って一歩一歩前進していきたいと思います。

カードローンで自由が広がる

借金と聞くと聞こえが悪いですが、
借金したほうが良いケースが世の中にはたくさんあります。

借金が必要な最たる例が企業が事業を展開していく際に必要となる
資金を銀行などから融資を受けることですよね。

銀行からの融資がなければ事業は展開出来ませんし、
会社の資金繰りが大変になって倒産する企業が星の数くらい出てくることでしょう。

銀行があるということは逆を言えばお金を借りることが重要だということの
証左だと私は思います。

もちろん何の目的もなくただ浪費するためだけに借金をするのは
あまり良いことではないのかもしれません。

しかし使う意図が明確で計画性のある借金なら別に借金に対する
偏見なんて捨てて素直にお金を借りれば良いと思います。

現在はインターネットなどですぐにカードローンに申し込めるので
非常に便利な世の中になりました。

必要な時に迅速にお金を借りることが出来る時代がやってきたのです。
しかも使う目的を問わないカードローンが増えていますよね。

どのような目的に使用しても良いのだからカードローンを持つことで
人生の選択肢が増え、自由の幅が広がることになります。

カードローンで資金を作り株などに挑戦したり、FXに挑戦するのも良いと思います。
成功すれば借金したお金で巨額な富を手にすることが可能になります。

もちろん世の中そう甘くないので、巨額な富を手にできないケースも多々あるでしょう。
しかしながらカードローンを作るだけで
色々なことにチャレンジする自由が手に入るってかなり得だと思うんです。

借金地獄に陥らないように計画的にお金を借りるのと
計画的な返済プランがあれば借金って物凄いポジティブなものになると思うんです。

なので借金するから悪だとか借金しないから優秀だとかいう固定観念は
すぐさま頭の中から消去したほうが良いでしょう。

ただカードローンを作る時は金利の安いところでつくるようにしましょうね。
銀行系の商品が安くてお勧めですよ。

例えばオリックス銀行などのカードローンは金利が3パーセントからなので非常に安いです。
もちろん銀行系のカードローンの審査に通らない方は
消費者金融に流れるしかないんですけど。

とにかく借金を肯定的に考えることが日本人がより自由になるために
必要な事なのではと思うようになってきました。

内村航平選手世界選手権4連覇おめでとう

体操の内村航平選手がベルギーで行われている体操の世界選手権で4連覇を達成しました。
しかも2位と2点近い差をつけての優勝なのでもう圧勝ですね。

内村選手って本当に凄いですよね。
ロンドンオリンピックでもプレッシャーに打ち勝ちながら金メダルに輝きましたし。
一人だけ別格の実力を持っていると思います。

かつて陸上の棒高跳びの選手にセルゲイ・ブブカ選手がいましたが、
もうそれくらい圧倒的な選手ですよね。

競技を観ていて内村選手が負けることなんて想像も出来ません。
素人である私が見ても他の選手との実力が圧倒的に違うことがわかるぐらいですから。

とにかく内村選手の演技はもう芸術の域に達していますね。
おうげさな表現をすると体操の神様だと私は思います。

手の先から足の先まで乱れることなく美しいです。
技の難易度とかもうそういう次元じゃないんですよね。内村選手は。

おそらく体操史上最高の選手だと思います。
内村選手の演技を見ているとあまりにも美しいのでただただ見とれてしまいます。
世界中の体操ファンがそう思って居るのでしょうね。

もしろんスポーツ選手の選手生活なんて短いのですが、
今回の演技を観ているとまだまだ内村帝国は長く続きそうな感じがしました。

なお今回の世界選手権は内村選手だけじゃなく加藤選手もがんばりましたね。
どうどうの2位で日本勢でワンツーフィニッシュですから。

日本男子の体操選手のレベルがどんどん高くなっているので嬉しい限りです。

ちなみに今回の世界選手権の動画じゃないですが、
内村選手の演技のyoutube動画になります。
この美技、ほれぼれとしてしまいますよね!!

飲む育毛剤、プロペシアでハゲから自由になろう

ニキビなどもよく“からだの中から治す”と言いますが、
実は多くの男性が悩みを持っている薄毛や抜け毛の治療法として
「飲む育毛剤」が今注目を集めているということをご存知でしょうか。

AGA(男性型脱毛症)を治療するための薬として『プロペシア』というものがあります。

プロペシアには抜け毛の原因となる
男性ホルモンの働きを抑える作用があるとされています。

プロペシアの服用により、AGAの進行を抑制する効果があるということ、
服用を長く続けると増毛効果が高くなるということが
日本皮膚科学会でも証明されているため、
安心して服用される方がここ近年で増えてきました。

見た目、何の薬なのかぱっと見ではわからないため、
泊まりにきた彼女に薄毛を気にしていることがバレる!なんて、心配もいりません。

ただ、プロペシアを入手するには医師の処方箋が必要になるため、
普通のドラックストアや薬局などで購入することはできません。

だからといって処方箋欲しさに通院するのはそこそこお金も時間もかかるし、
それよりも人に言いにくいことだからこそこっそり入手したいというのが、
多くの男性の本音ではないでしょうか。

そんな悩みを解決するために海外の医薬品を個人輸入代行するネットショップがありますので、ぜひ安心してご活用ください。

ただし、個人輸入する際には医薬品である以上
しっかりとその副作用を調べる必要があります。

また自分が果たしてAGAなのかもチェックする必要があります。
あくまでプロペシアはAGAに効果的な薬なのでそれ以外のハゲには効果を発揮しません。

しっかりとプロペシアの基礎知識を身に着けてから利用するようにしましょうね。

そして飲む育毛剤、プロペシアでハゲから自由になって下さい!

自由を手にするために決断しよう

私は自由が好きです。
自由に仕事がしたいですし、自由にやりたいことをしたいです。

子供の頃は誰でも自由でしょうが、
大人になるとそうも言っていられません。

現実的な観点から会社にも縛られるでしょうし
家族からも縛られるでしょう。

それはそれで良いと思います。

でも自由になることを放棄してはいけないと思うんです。
少しでも理想である自由を手に入れる為に
何をすべきかを真剣に考えることは非常に有意義なことだと思います。

大人になると生活するために働かなくてはいけません。
でも一日中働いていて神経をすり減らしていたらそれは自由ではありません。

とすると仕事をなんとかしないといけないわけですよね。
でも頭の中には収入の事や会社に対する義理などがよぎってきます。

それらのことを考えると、自由になることために何をすべきかを先延ばしにします。

でもそれではいけないんです。
自由になれない障壁があるのなら自由になれるように人生を設計し
プランを立てるべきです。

仕事に追われる生活を送るのなら仕事を辞めば自由になれます。
非常に簡単です。

ただ決断するだけです。
でも家族がいて収入がなくなると困るから怯えるわけですね。

でも怯えていて自由になることを先延ばしにしていたら
あなたは一生不自由なままストレスを溜めて生活することになるでしょう。

なのでまず自由を獲得するために仕事を辞めるという決断をして
仕事を辞めても収入を得ることが出来るように思考を巡らせるのです。

あえてわかりやすいように極論を言っていますが、
自由を手に入れるためにはかなり際どい決断をしなければいけません。

逆に決断をすれば自由を手に入れる事が出来ます。

これは統計的な話になりますが、自由を手に入れる為にすぐに決断して
今の環境から離脱して新しいことチャレンジする人の多くが成功し
本当の自由を獲得しているケースが多いです。

ここからわかることは決断さえ出来れば後は否が応でも色々考えるから
結果的に自由になれる可能性が高いのです。

また決断力がある人間は何をやっても成功するという証左でもあります。

なので重要なのは決断力です。
思い描いた生活を実現するためには決断力が必要です。
自由を獲得するためには決断力が必要です。

決断できる勇気があれば後は流れるように物事が進んでいくということを
知っておくと気が楽になりますよ。

何度も言いますがこれは極論です。
異論反論は色々あるでしょう。

でも決断をすることで不思議と自由を獲得することが出来るのです。
不思議なものですね。

今の生活に不満を抱いており、自由を求めているのなら
今決断してみませんか?