カテゴリー別アーカイブ: 金融

即日融資を受けたいなら審査時間を比較してみよう

キャッシングの即日融資を受けたいなら、各社の審査時間を比較してみましょう。
通常、借入審査には1日~3日が平均とされています。
しかしキャッシングなら担保を必要とせず申込者を信用して融資が決定されるため、余計な手間を省くことができ、申し込みをしたあとすぐに審査結果を出してもらうことが可能です。
各社の概要を確認してみると、最近ではインターネット申し込みをする場合に最短30分で審査をしてくれる会社が増えてきています。
実際、本当に30分で結果が出るのなら、高確率で即日融資を受けることが期待できるでしょう。
ただし、記載されている審査時間はあくまでも目安です。
必ず30分で審査結果を出してもらえるわけではありませんので、余裕を持った申し込みを前提にしておくことも必要です。
例えば申込み内容に不備があった場合、申込者が殺到して込み合っている場合、申し込みの締め切り時間を過ぎてしまった場合、営業時間外に申し込みをした場合だと審査は早くても翌日、休日をまたげば休み明けになってしまいます。
そのため申し込みを行うタイミングに注意しなくてはなりません。
できるだけ午前中に申し込みをしておき、月曜日~木曜日の平日に申し込みましょう。
休日の直前や午後一あたりでは申込みが込み合う可能性が高いので審査も遅れやすくなります。
今すぐお金を借りる人に即日融資は便利ですが、余裕を持った申し込みをするに越したことはありません。

お金を借りるなら低金利でキャッシングすべき

お金をこれから借りようとお考えの方は低金利でキャッシングすべきだと思います。
ただ低金利といっても上限金利と下限金利の見極めが大切です。

おまとめや借り換えをご検討の方は下限金利を意識すると良いでしょう。
逆に少額の融資を希望されている人は上限金利を意識すべきでしょう。

基本的に金融機関の金利は借入限度額の上限金利によって決定されます。
つまり借入限度額が少なければ上限金利が適用され借入限度額が高ければ下限金利が適用されます。

少額融資で一番おすすめなのが三菱東京UFJ銀行や横浜銀行など上限金利が安い金融機関を利用することです。
ただ消費者金融ほどスピーディーではないのでゆとりを持って申し込みをすると良いでしょう。

逆に高額融資でおすすめなのがオリックス銀行カードローンですね。
800万円までの融資がカードローンで可能で下限金利が3パーセントと非常に安くなっています。

それぞれの置かれている状況に応じてなるべく低金利でキャッシングするというのがお金を借りる際に極めて重要なファクターだといえるでしょう。

ただ低金利も重要ですが急ぎでキャシングをしたいという方はスピード審査を行い審査も銀行より緩い消費者金融を選択すると良いでしょう。現在の消費者金融は昔と比べて格段に安全になっています。

これは多くの消費者金融が大手の銀行の傘下にはいっているからです。
社会的信頼性の高い銀行の傘下なので無理な取り立てや無理難題を吹っかけてくる可能性は極めて低いからです。

アベノミクス効果で経済が上昇傾向にあると言われている最近ですがそれは一部の上場企業だけの話しであって中小企業はまだその恩恵を受け取っていません。

つまり極めて不安定な経済状況に今もあると思うのです。だからこそいつ何があっても最低限のキャッシュを手元に集めることが出来るように早めに計画的に一つぐらいカードローン契約をしておくことは非常策としてありだと私は考えています。

消費者保護がヤミ金の暗躍を招いた

最近は昔と比べて本当にお金を借りることが難しくなりました。
昔は金利が高い分、貸し倒れが生じたとしても十分にそれをカバー出来る体力を消費者金融が持っていました。

しかし利息制限法のグレーゾーン金利が最高裁判所の判決により違法性を帯びることにより
一気に過払い分の支払などで金融業者は追い込まれるようになります。

安い金利でしかお金を貸せないのなら審査を厳しくするしかないという事になったんです。

至極当然の事ですがお金を借りたい人にとっては大きな打撃ですよね。

また総量規制という法律が制定されます。
これは年収の3分の1以上のお金を貸すことを金融業者に禁止する法律ですが、
この法律により消費者はますますお金を借りにくくなったことは間違いのない事実です。

金融業者の貸し渋りと法律による貸し出しの制限によりお金を借りたいと思っている人がヤミ金に流れたという実態があります。

いくら法律で消費者を保護しようとしても結局お金が必要だという需要は
決してなくなることはないのでそうするとアウトローである闇金業者が猛威を振るうようになるわけですね。

今までなら消費者金融でもお金を借りれた人は闇金業者にとっては上客です。

闇金業者はそれまでどこからもお金を借りることが出来ない本当にぎりぎりの人達にばかりお金を貸していたのですが、利息制限法によるグレーゾーン金利の撤廃や総量規制により、棚からぼた餅で上客を手に入れる事に成功したんです。

でもヤミ金は違法です。違法な事を分かっていてもお金を借りてしまう人がいるのは残念ですが借りてしまったのを後で後悔しても意味がないので何とかしなければなりません。

なのでヤミ金の違法な取り立てや恫喝などで悩んでいる方は弁護士や司法書士などの法律の専門家にヤミ金相談をするようにしましょう。
一人であーだこーだ考えていてもはっきりいって時間の無駄ですし状況はどんどん悪くなるばかりです。

消費者を保護しようとして決められたグレーゾーン金利の撤廃や総量規制がヤミ金の暗躍を招くというのはなんとも皮肉な話ですが、本当に消費者を保護する気があるのら政府は今の法制度を今一度見直し消費者保護の制度を更に整備すると同時に何かトラブルがあった際には法律の専門家である弁護士などに相談するようにもっと国民に伝えるべきでしょう。

カードローンで自由が広がる

借金と聞くと聞こえが悪いですが、
借金したほうが良いケースが世の中にはたくさんあります。

借金が必要な最たる例が企業が事業を展開していく際に必要となる
資金を銀行などから融資を受けることですよね。

銀行からの融資がなければ事業は展開出来ませんし、
会社の資金繰りが大変になって倒産する企業が星の数くらい出てくることでしょう。

銀行があるということは逆を言えばお金を借りることが重要だということの
証左だと私は思います。

もちろん何の目的もなくただ浪費するためだけに借金をするのは
あまり良いことではないのかもしれません。

しかし使う意図が明確で計画性のある借金なら別に借金に対する
偏見なんて捨てて素直にお金を借りれば良いと思います。

現在はインターネットなどですぐにカードローンに申し込めるので
非常に便利な世の中になりました。

必要な時に迅速にお金を借りることが出来る時代がやってきたのです。
しかも使う目的を問わないカードローンが増えていますよね。

どのような目的に使用しても良いのだからカードローンを持つことで
人生の選択肢が増え、自由の幅が広がることになります。

カードローンで資金を作り株などに挑戦したり、FXに挑戦するのも良いと思います。
成功すれば借金したお金で巨額な富を手にすることが可能になります。

もちろん世の中そう甘くないので、巨額な富を手にできないケースも多々あるでしょう。
しかしながらカードローンを作るだけで
色々なことにチャレンジする自由が手に入るってかなり得だと思うんです。

借金地獄に陥らないように計画的にお金を借りるのと
計画的な返済プランがあれば借金って物凄いポジティブなものになると思うんです。

なので借金するから悪だとか借金しないから優秀だとかいう固定観念は
すぐさま頭の中から消去したほうが良いでしょう。

ただカードローンを作る時は金利の安いところでつくるようにしましょうね。
銀行系の商品が安くてお勧めですよ。

例えばオリックス銀行などのカードローンは金利が3パーセントからなので非常に安いです。
もちろん銀行系のカードローンの審査に通らない方は
消費者金融に流れるしかないんですけど。

とにかく借金を肯定的に考えることが日本人がより自由になるために
必要な事なのではと思うようになってきました。