カテゴリー別アーカイブ: 生活・環境

自由な時間を使うのはコツがいる

最近自分が思っている以上に、自分は自由な時間をうまく使えていないななんて思います。
この前なんて休日だったのに朝起きたのが16時。先生、それは朝ではありません。
16時起床って、それはもう1日が終わりかけの時間じゃないですか!
そりゃあたまには睡眠に時間をたくさん使うのもいいですよ、むしろ有効な時間の使い方の一つですよ。
でも16時はないでしょう!せめて11時くらいまでにしましょうよ。
しかもそのせいで歯医者の時間をすっぽかしてしまうという情けなさ。

でも、考えてみたら起きていても自由な時間の使い方は下手なんですよね、私。
時間があっても、やることはゲームとか買い物くらいですか、あとは漫画と酒。
酒を趣味に入れている時点で何か間違っているとしか思えない。
なんか、本当に人に話せるような趣味とかがないなぁ、って最近は悩んでいます。
自慢できなくてもいいから人と共有できるような趣味を持って、もっと活発になりたいと思いますよ。
本来だったらそれを自由な時間にやるべきじゃないですか、なのにやることといったら寝るかゲームか酒飲むか。

でも、人と話せるような趣味ってなんでしょうかね。
やはりスポーツなんでしょうか、でもスポーツもなぁ。
私、実はゴルフなんかに興味を持ってるんですが、周りにゴルフやってる人なんていないもんなぁ。

そもそも、趣味なんてものは人に話すためにあるんじゃないんですよね。
というか、どんな趣味にも同じ趣味を持つ人がいて、そういう人たちと友達になっていくのが自然なんじゃないですか。

いや、もう趣味はいいや、何が言いたいかわからなくなってきた。
とにかく、自分は自由な時間を使うのが下手だということです。
自由な時間を寝て消費するのは、それは睡眠という生理現象に支配されてるんだから、それはもう自由な時間じゃないよな。
あーあーあー、皆さんも一度夕方まで寝てみるといいですよ、本当にがっかりしますから。

芸能人のブログって…

芸能人のブログを見ていて思うことがあります。
それは、内容がかなりヤッツケだっていうことです。

勿論、真面目に更新してらっしゃる芸能人の方もいらっしゃいます。
でも、そうじゃない芸能人のブログを見る機会の方が圧倒的に多い気がします。

写真を載せて、たった一言文章を添えるだけ。
たまにはそんな日があってもいいとは思うのですが、
毎回そんな更新だけの人もいます。

今は自分から情報を発信出来る時代です。
芸能人でなくてもYoutubeなどで動画をアップしたり、私のように誰も見ていないようなブログをこうやって更新したり。

そんな中で、人気商売の芸能人がブログもまともに更新出来ないってどういうことなんでしょうね。ファンのことを何とも思っていないというのがそういうところに現れている気がします。口ではファンあっての…なんて言いますが、普段の行動が物語っていますよね。

芸能人だって普通の人間だし、芸能人だからといってブログを更新しなければならない義務はありませんが、人気を商売としている人にとって今ではブログというのは非常に重要なツールだと思います。それを疎かに出来るということは、…やっぱりそういうことなんだと思います。

きっと写真だけ撮って、短い文章を添えただけのものって移動時間なんかにパパっとやったやっつけのものなんでしょうね。どんなに忙しくてもブログを書く時間くらいあるでしょう。それに、芸能人ならネタにも困らないでしょうし。

その逆で、毎日コツコツとそれなりにボリュームのあるブログを更新している芸能人って好感が持てます。頑張ってるな、ファンのことを大切にしているなって思えます。

そんな芸能人を私は応援していきたいですね。

大谷は今のうちに見ておけ!

日本ハムの今後のプロ野球を担う大スターと言えば、
先日アメトーークでも話題になった大谷選手ですよね!

2014年は投手で11勝4敗、打者では10本の本塁打を放つというまさに常人離れした成績を残した2年目でした。投手だけやっていても11勝を挙げるのは難しいですし、打者だけやっていても10本も本塁打を打つのは難しいと思います。

二刀流をやっているので、どちらか一つに専念すればものすごい成績が残せそうな感じもしますが、二刀流で一つはものすごい数字を残さなかったら二刀流でやっている意味がない…と現在の日ハムの監督である栗山氏が言っていました。

確かにそうかもしれませんが、プロ野球ってきっとそんなに甘くないですよね。大谷選手は2年目のシーズンを終えたところですが、これから仮にどちらも不振に陥った場合は、やはり一本に絞らなくてはならなくなると思います。

やっぱり二刀流でやっていくのは難しいと思うので、どちらかに専念してもらってものすごい数字を残して欲しいのですが…皆さんはどう思いますか?

ただ、体格とか能力とか、そして何より精神がこれまで怪物を言われてきた人たちとは比べものにならないと思います。フィジカルとメンタルで見ると、ゴジラ松井選手に似ているところがあるかもしれませんね。恵まれた体と、若いのに安定野球に専念することが出来る精神を兼ね備えていると思います。

そのうちメジャーに行ってしまうのでしょうけど、それまでに一度は日本で大谷選手を見てみたいですね。160kmを目の当たりにしてみたいです。

きっと世界でも活躍する選手になると思いますし、そう考えると日本で見れるのはあとわずかですからね。イチロー選手を見ておけば良かった…と後悔していた人は大谷選手は今のうちに絶対見ておいた方がいい選手だと思います。

大人流のファッション

最近ファッションに対する考え方が変わった気がします。
昔はブランド物だったり、流行っているものがあればすぐに取り入れて、とにかく洋服にお金を遣っていた感じだったのですが、今はファストファッションが主流ということもあり、随分と洋服代を抑えることが出来るようになりました。

昔は女性物の洋服はたくさんあったのですが、男性物というと種類が少なく、しかも値段も高かったものですが、今では男性物でもかっこいいデザインのものが安く手に入るようになりました。

とは言っても全部ファストファッションで揃えてしまうとどうしても安っぽく見えてしまうので、キメるとことはキメるという感じでさりげなく大人をアピールするようにしています。

例えば時計とかなんかはやっぱり良いものをしたいですし、ジャケットやコートなどのアウターなんかも高いものの方がやっぱり雰囲気は出ますよね。あとは靴とか、そういう部分はやっぱりお金を出さないと本当にかっこいいものは手に出来ないですよね。

コストを抑えるようになったのはTシャツとかの消耗品です。むかしはTシャツでも1万円くらいするものを頑張って買っていましたが、何度か洗濯をすると最初の輝きは失われ、2年も着ればもう家着になっていたりします。それだったらファストファッションで買えるような安いTシャツをシーズンごとに買い替えていた方が清潔ですし、そっちの方がかっこいいと思うようになりました。

そして、最も大きいのはあまり流行りを追わなくなったのでシーズンごとに洋服を買う必要がなくなったことです。なので去年買った洋服も全然着れるのでその分お金がかからなくなりました。

最近のファストファッションブランドに助けられている男性は多いと思いますよ。

いくつになってもお洒落には気を遣っていたいですよね。

高度医療と安楽死について考える

かつて不治の病と言われた結核も、現代の医療では簡単に治すことが出来るようになりました。医療の文明が高度になることは人類にとって非常に良いことですし、全ての病気が治るようなことになればそれほど素晴らしいことはありませんよね。

しかし、今はまだそうではありません。
不治の病と呼ばれる病気はまだまだたくさんあります。

ですが、今の医療では例え不治の病にかかってしまったとしてもすぐに死ぬということは無いのです。延命措置という手法が取られ苦しみの中生きることになってしまうのです。

安楽死という言葉をご存知でしょうか。

本人が死を望むのであれば、
苦しまずに楽に死ねるよう措置を取ることです。

日本では安楽死は認められていませんが、
世界には尊厳死という呼び方で認められている国があります。

スイス、アメリカ(オレゴン州、ワシントン州)、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグがそれに当たります。

もう治らない病にかかり、更には延命措置をすることで苦しい日々を過ごすのであれば、安楽死は有りだと思うのですが如何でしょうか?

下世話な話になってしまいますが、延命措置により遺族も高額のお金が必要となります。そして苦しむ姿を見なくてはならないのです。それよりは、楽に死んでいく方が遺族の心も安らかになるのではないでしょうか。

仮に自分が不治の病にかかってしまったとして、毎日薬を飲み、痛い注射を打ち、手術をし、病床で苦しい毎日を送る…そして家族は大金を病院に支払う。
そんな辛い生活はないと思います。

それならばいっそのこと楽に死ねるよう措置をして欲しい。
その方が自分も家族も楽になるんですから。

しかし、日本で安楽死が合法化されるのは難しいかもしれませんね。
自殺者大国と呼ばれている日本で安楽死が合法化されたら、生命保険会社は一気に吹き飛ぶ可能性がありますからね…。

安楽死を望むなら今のところは先ほど挙げた国の永住権を取るしかなさそうですね。

外国人にとっての日本の物価

海外、特に東南アジアなどに行くと物価がものすごく安いですよね。
水から始まり、タクシーだったりタバコだったり、日本に比べるとあらゆるものが安いです。

日本ではタクシーになんて絶対に乗らないという人も海外では乗るという人も多いと思います。
それくらい物価が安い。

逆に言えば日本の物価はものすごく高いということになります。

ここで疑問が生まれるんです。

物価が安い国から日本へ来た留学生や旅行者は日本の物価に対応出来るのか…と。

日本に来るくらいなので一般の生まれではないということは分かります。
少なくとも一般よりはお金持ちの部類に入るのだと思います。

しかし、それでもタクシーなんか日本で働く一般人でも躊躇ってしまうような料金設定です。
タクシーに限らず、日本にあるあらゆるものの物価がやっぱり高い…。

そんな物価の超高い国である日本になぜ来るのでしょうか。
…他にも安くて素晴らしい国なんてたくさんあるのに…と思ってしまいます。

留学生はまだアルバイトなんかするので日本の物価水準の給料を貰える訳ですが、
旅行者はそういう訳にはいきませんからね。
単純にお金だけが減っていきます。

そんな中で日本の物価ってものすごく高く感じると思うんです。

日本人がそれを感じようとするなら、
例えば今の日本の物価に慣れている日本人が、
アメリカなどに行って全ての料金が2~3倍くらいだったらどうでしょうか。

きっと日本に来る一般の外国人はどんな思いで来ているんじゃないかと思います。

うーん…考え過ぎなのかもしれませんけどね。
実際日本人よりお金持ちの新興国の人っていくらでもいますからね。

日本人でも対応出来ていない日本の物価に対応出来るって
本当にすごいと思いますよ…。

それにしても、日本はなんでこんなに物価が高いんだ…。

東京で15センチの積雪…20年に一度の珍事!

東京で15センチの積雪…。
実は私は今東京にはいないのだが、東京の街を想像するだけで15センチという積雪がどういった影響をもたらすのか想像も出来ない…。

なぜなら、東京は鉄道が網羅され、道路も首都高速を代表にどこでも渋滞。

そもそも、東京で車を乗る人は積雪に備えていないだろうから、ノーマルタイヤで15センチの積雪の中走ることになる車がほとんどだと思う。

あの複雑な道路事情の中でノーマルタイヤで15センチの積雪…。
考えただけで恐ろしくなる…。

鉄道も駅には高低差があるところがほとんどだから、滑ってけがをする事故も増えると思う。単に積雪と言うが、田舎に降るそれとは影響度が全く違う。

正直、東京には台風が来るよりも雪が降る方が危険なのではないかと思う。

8日は更に大雪となる見込みと予報が出ている。
多摩西部では20センチになるとも言われている。

大丈夫か東京!?

東京には知人も多く住んでいるので非常に心配だ。

それと、20年に一度と言われているが、
20年前に大雪があったかどうかの事実だが1994年に23センチの積雪が記録されている。

確かに丁度20年前の出来事だ。

その前は1968年の同じく23センチ。

その前はというと、1951年の33センチ。

うーん、20年に一度というのはあながち信頼出来る周期かもしれない。

ちなみに、東京の観測史上1位の積雪を記録したのは1883年の46センチ。

今回の3倍の積雪量だ。

と考えると、15センチで騒ぐ現代人…、少し複雑な気分になる。

それはさておき、今は十分な警戒が必要だ。
出来るだけ外に出ず、雪が止むのを待った方が得策と言えるだろう。

しばらくは天気予報に注目していきたい。

ラム酒と葉巻とチョコレート

ラム酒と葉巻とチョコレートって最高に相性良いですよね。
先日、吉祥寺のSCREW DRIVERってお店に行ったんですが、
めちゃくちゃラム酒が美味しくて感動しちゃいました。

葉巻もラム酒も大体こんな感じとイメージを伝えればスタッフの方が、
丁度良いものを提案してくれるんですよね。

久しぶりにお酒と葉巻で感動することが出来て本当に良かったです。
ラム酒の世界を知らない方は是非ともSCREW DRIVERに足を運んでいただきたいですね。

新しい世界を知ることが出来ると思います。
気心が知れた仲間と葉巻とラム酒と美味しいチョコレートをコンボさせれば会話も雰囲気も盛り上がることは間違いないですね。

ただこのSCREW DRIVERってお店、非常に狭いので3人ぐらいで行くのが良いでしょう。
また店員さんも気さくでとても良い方のなので仕事帰りに一杯ひっかけるのもありですね。

値段はラム酒一杯大体1000円程度ですがそれでも安いと思えるはずです。
もちろんロックアイスも一つ一つ丁寧に作ってくれるところも職人気質を感じ取れてグッドでした。

どうしても仕事や家庭の出来事に振り回されると遊び心がなくなってしまいますが、
どれだけ忙しくても良いお店で楽しんで自由を感じる必要性ってありますよね。

人生って感動することで関係のないことまで調子が良くなってくるものですから。
あとは良い人間関係を構築することですよね。

素晴らしい仲間と出会えば素晴らしいお店もどんどん知ることが出来ますし、ビジネスでも切磋琢磨してがんばることが出来ます。良く人間は孤独だと言われます。

確かに孤独かもしれません。でも孤独ながらも人と接点を持って感謝の気持ちを持って人間関係を構築すれば人生は自由で実りのあるものになると私は確信しています。

自由は不自由の中にある

「自由は不自由の中にある」と私は思います。
全ての選択肢が自分にゆだねられており、思い通りの事が出来たとします。

果たしてそれが自由でしょうか。
私は自由じゃないと思います。

逆に何でも思い通りにすべてできることは不自由じゃないかと思う訳です。
なんでも思い通りになるから、感動を覚えない、やる気も湧かないと思うんですね。

自由って不自由の中に埋没していて、不自由の中にこそあるものだと思います。
例えば中学生のころ、校則で髪の毛や服装の制限がありましたよね。

その中で必死に抵抗して髪の毛をかっこよくしたり、禁止されている服装で学校に登校したり、
そんな時に開放感を感じ自由を感じたのではないでしょうか。

形式的な自由はもちろん思い通りに自由にふるまうことですが
実質的な自由は不自由の中に見出し戦いの中に見出すものだと私は思います。

なので自由でありつづけるためにも一定の不自由な環境に身を置くって大切な事だと思います。
自由とは責任が伴うものであり戦いの中、不自由の中にこそ見つけ出すことが出来るものだと思いますから。

人生は一度きりです。
だったら充実した毎日を過ごしたいですよね。
そのためには達成感やスリルなど心が動くような出来事がなければなりません。

心が動く時って困難を乗り越えたり困難を克服した時に多く感じるものです。
そして困難を乗り越えたり克服した時、真の意味でのフリーダムを感じることが出来るのだと私は思っています。

ホームパーティには生ハム原木

今日はもう12月8日ですね~
もうすぐクリスマスなんですから時というのは本当にあっとう間に過ぎていくものです。

冬って寒いのは嫌だけど、「食」に関しては冬が一番ですよね!
海の幸も冬が一番充実していますし・・・・

そしてなんといっても12月はホームパーティの季節ですよね。
ホームパーティー開催する際には美味しい料理とサプライズを用意したいものです。

今私が注目しているのが前ホリエモンもツイッターで言及していた生ハム原木です。
原木付き生ハム。みるだけで圧倒されるので、ホームパーティーのオブジェにもよいですし
めちゃくちゃおいしいです。

特にハモンイベリコベジョータの生ハムが最高に美味しいです。
シャトーマルゴーを飲みながらハモンイベリコベジョータの生ハムを楽しむ。

最高に贅沢で至福な時間です。
ここまで「お・も・て・な・し」をすれば招待した方から絶賛されることは間違いないでしょう。
せっかくの12月のこの季節、どーせホームパーティをするのなら最高のものに仕上げたいですよね。

もちろん自己満足ですが、自己満足している時って一番幸せな気分になると思います。
まだ原木付きの生ハムを購入したことが無いという方は是非一度購入することをおすすめします。

最高級レストランで出てくる超高い生ハムが激安で購入することが出来ますよ。
自宅に用意しておけばオブジェにもなりますし、話題を独占することも出来ます。

寒くてどうしても憂鬱な気分になりがちな12月ですが生ハムの原木みたいな話題性のあるアイテムをそろえてみると楽しくなりますよ。
お歳暮に送るにもサプライズ感があってぴったりです。