ドコモが6月から国内で初の定額制導入で通話料金を値下げ

ドコモがようやく重い腰を上げて思い切った施策を取ることを決めましたね。
時間帯などの制限を設けずいくら電話しても通話料金は定額というプランを6月にリリースするそうです。

ずっとドコモを使用していた私にとっては非常に嬉しいものです。
iphoneの導入の判断の遅さなど最近は失態ばかり繰り返してきたドコモですが、この制度を導入することで一気にドコモの魅力を高めることになるでしょうね。

もちろん定額にするということはドコモにとっても大きな痛手なんでしょうが、最後の策として定額制を導入するんでしょうね。でもこの定額制導入という手段はいかにドコモが現在窮地に陥っているのかがわかる大きな判断材料ですね。

他のキャリアにガンガンシェアを奪い取られても何も有効的な対策を講じてこなかったつけをようやくここで清算することになるわけですね。

昔からのブランド力だけで勝負しようとしていた驕りが現在のドコモの窮地に立たされている現状なのでしょうね。
最後の策を講じるという事は他のキャリアも対抗して何かしらの対抗策を講じてきそうですが、まぁ利用者にとってはこういったドラスティックな改革をしてくれるととてもありがたいですね。

ソニーブランドの崩壊、マイクロソフト神話の崩壊、時代とともに絶対に大丈夫と言われてきた企業が不振に悩まされてきています。会社を維持するということがどれほど大変で難しいものなのかがこれをみるだけでわかりますよね。

まぁドコモには是非ともサービス面の強化で頑張ってもらってまたドコモ帝国を築いてほしいものです。
そのためにはまだある殿様気質な経営スタイルを一新する必要性があると思いますが。